読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ人は人を殺すのか

おはようございます。車谷です。

 

一緒にアルバイトをしたことのある、

一方的に好意を寄せている女子高生に

性的な行為を迫り、拒否されたから部屋に火をつけて殺したという同級生。

 

人はなぜ人を殺すのか?

それはいつもお話している通り、

前頭葉の発達状況が関係しています。


生まれながら、もしくは幼少期の発育過程で、

何かしらの強いストレスを受けると、

脳の内側前頭前野がダメージを受けます。


普通の人は、

動物を殺したりすると罪悪感がありますよね。

小さなアリを踏んづけても罪悪感があるものです。

内側前頭前野はその罪悪感を司っている部位。

そこに、

ダメージが有る人は、

罪悪感を感じにくい場合があります。

「俺は悪くない」と開き直ったり。

人殺しにかぎらず、

思わず犯罪を犯してしまうと、

罪悪感というストレスで脳が萎縮していき、

感情を抑制できなくなっていくのです。

DVをする男性も、本当は強い罪悪感があり、

そのストレスが、脳を萎縮させ、また感情を抑制できなくなるという

永遠の負のサイクルに入ってしまいます。

ですから、

だから再び罪を犯すのは当たり前。

 

そこから抜け出すには自分のマインドセットをリセットしなければ治らない。

自分で自分を見つめ直す。

それは、簡単なようでとてもむずかしいことですね。


仮に自分は「正常」だとして(笑)

そういう人間を見抜くにはどうしたらいいでしょうか?


それは普段の行動を良く観察することです。


食べ物を平気で残したり、

静かなところで大声で話す、

運転が乱暴

平気で立ち小便をする(笑)

などなど、

その人の

罪悪感のハードルが下がっている可能性があります。

そういう人には近づかないこと(笑)


自分がモラルだと思っていることが、

まったく通用しない人間もいて、

それは「目に見えない」のです。


毎月だまっていてもお金がもらえるとしたら、

それまたモラルが試されますね。

生活保護もそうですし、

以前もお話したとおり、

フィンランドではベーシック・インカムという制度の実験が始まっています。

社会保障費が膨大になり、維持できなくなりそうだからですね。

日本もいずれそうなります。

フィンランドベーシックインカム実験、開始4カ月後の変化|ライフハッカー[日本版] https://www.lifehacker.jp/2017/05/170513_bi_basic_income.html @lifehackerjapanさんから

2000人を対象に毎月6万8千円もらえるそうです。

もちろん働いてもいいですし、

その範囲内で生活して、寝転んでいてもOKww


みなさんはどうしますか(笑)?


THE SAMURAI
言ってみればベーシック・インカム的なFX
↓↓↓↓
詳しくはこちら
https://goo.gl/pHW4Z7

 

さて!

先週から難しい相場がつづいていますが、

それは明らかですね。

フランス大統領選挙が終わってから

VIX指数が極限まで低下しています。

#CBOEVolatilityIndex @ 10.28 @InvestingJapan 経由 で - http://invst.ly/20ek

VIX指数は恐怖指数とも呼ばれておりますが

それが低下しているということは良いことのように思えますねww

しかし、低下すれば良いというものではなく、

むしろ危ない。

これ以上低下すると楽観主義が行き過ぎ、

いつ暴発してもおかしくなくなります。

そして、

一辺倒に相場が進みますので、適切な上下動(ボラティリティ)が無くなり、

ボラが無いところでは私達は食いぶちがなくなってしまいますね。


まずは「難しい相場」だと認識すること。

そして、

トレードアイデアが見えてくるまでヤラないこと。

やらなければ儲かりませんので、、


そういったときはオプションを併用するべきなのですが、

オプションというとバイナリーオプションを思い出します。


オプションとバイナリーオプションは似て非なるもの。


バイナリオプションは1分足のスキャルピングとまったく同じことなんです。


とはいえやるべき場所だけ仕掛ければ勝てないことはありません。


のちほど、バイナリーオプションのテキストも無料でお届け予定です!

サイトのサーバーを移転したので

利便性がちょっと増しているはずです!

 

 

●…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…○
■発行 トレードアイデア365 by チーム365
http://tradeidea365.com/
○…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…●
★免責事項★
このレポートの情報・分析・予測でいかなる損害が生じたとしても、その責を負いません。内容の無断転載・コピーを禁止します。このレポートの記載事項はその内容を保証するものではありません。また為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません。