読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末、月末、年度末

どうも。車谷です。

 

スペインにつづいて、アメリカでも特定の州(カリフォルニア州)が独立するとかしないとか、、、
 
4月よりレポートとAnalyzerが一緒になります!

コーチング、スクールのお申込者は引き続き無料でお届け。
断然におトクですね。

『レポート+Analyzer』
ご購読はこちら
⇒ https://goo.gl/s8LeZi

 

SAMURAI TRADER プラクティスマスタースクール
↓↓↓↓
詳しくはこちら
https://goo.gl/fJmDTT


いよいよ月末ですね!

「月末なんて、毎月あるだろ!」

と思うかもしれませんが、

とくに日本人にとっては4月から新学期がスタートという文化がありますので、

3月末は特別です。

「そんなに特別???」

と思うかもしれませんが、

海外の新学期はほとんどが9月なんですよww

日本企業も3月末が決算という会社がとても多い。

海外は12月が多いんです(最近は11月も増えている)。


さて、

ドル円は短期買いをお勧めしており、
112.00円を達成して一段落したようです。

⇒ https://screenpresso.com/=EvpKe


GBPUSDポンドドルも短期的な買いを検討しております。

⇒ https://screenpresso.com/=5Njrb


相場が動かないですから、とにかく短期トレードに徹するしかありません。
適度な利食いが必要ですね。
適度な利食いというのが一番むずかしいのですがww


なぜ相場が動かないか?


ポンドドルを見てみましょう。


GBPUSDポンドドル日足

⇒ https://jp.tradingview.com/chart/GBPUSD/xzmiuGRx/

1.2500付近で強く硬直していますね。

 

ではポンドの先物はというと

GBP/USD コンタクト @InvestingJapan 経由 で - https://invst.ly/3kyqk

6月期日の1.2516に大量の注文が集中しています。


6月までは動かないだろうな、、、ということがすぐに予想できます。
※当たり外れは別ですよww

彼らは相場が動かなくても利益を確保できる方法を使っているので、
ぜんぜん問題ない。むしろ動いてほしくないと思っている。

「そっか、、、それなら納得!
でも、、、私達に為す術は無いな、、、、
FXで儲けるなんて夢だったんだ~~orz」


と思うかもしれませんが、
それは違います。

そういう相場環境だと判れば、
私達も先物、オプションを使っていけばいいだけ。
相場が動かなくても、そういった方法を使えば利益が出る。

どんどん楽なほうを選んでいくと、FXにたどり着きますので(笑)、
先物やオプションと聞くと

「なんだか難しそうだな、、自分に出来るかな、、」

と思うかもしれませんが、
誰でもすぐに始められますし仕組みはとても簡単です。
みんな難しそうだな、、と「心のかべ」を作っているだけなんです。


「それってバイナリーオプションじゃないの?」

と思うかもしれませんが、
ぜんぜん違います。
そういったことを先物オプションセミナーで詳しくお話ししていきます。


「また車谷の野郎、
セミナーで儲けようとしやがって!」


と思うかもしれませんが(笑)、
セミナーの準備というのはとても大変なんです。。。。
ただうわっつらだけの手法をべらべらと伝えて「はい、さよなら!」ということはしないからです。

そしていつも数人の有志の方だけですので、
与沢翼や、蝶乃舞、FX-JINさんのように何億も儲けたりはしていませんww

 

そして他で同じ内容を学ぼうとするとこれの20倍の値段はしますので、
一応、良心的な値段だと思います。

「そうは言っても、大金は出したくないな、、、」

と思うかもしれませんが、
強制ではありませんので、相場の動きを深く理解したい人だけお申込みしていただければいいんです。

でも、今セミナーを行うのは
「今しかない、今必要だ」と私が思ったからでもあります。

先物やオプションというものはリスクヘッジの手法ですので
FXのみならず株式相場にも大きな影響を与えます。

メルマガで全容を伝えるのはちょっとむずかしいので、
セミナーを受講していただければ、
今後のトレードにとってかなり有益だということは私が保証します。

 


今日は「と思うかもしれませんが」の回でした(笑)_(._.)_


 
●…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…○
■発行 トレードアイデア365 by チーム365
http://tradeidea365.com/
○…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…●
★免責事項★
このレポートの情報・分析・予測でいかなる損害が生じたとしても、その責を負いません。内容の無断転載・コピーを禁止します。このレポートの記載事項はその内容を保証するものではありません。また為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません。