読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレードノウハウ学ぶだけなら実はスクールなんていらない。

おはようございます。車谷です。


「汝(なんじ)、トレードを愛せよ」


と、かのキリストが言ったかどうかは知りませんが(笑)、
トレード自体を愛していないと「続けて」いくことが出来ません。

なぜなら何度も裏切られるから。

それでも無償の愛を注ぎこむ必要がある。

たいていの人はそれが出来ない。

だから、ノウハウ、知識があってもトレーダーになれないんです。

知識だけなら、わざわざスクールに入る必要はありません。

だって、

ネットに膨大な情報が溢れているじゃないですか。

ダウ理論、

チャートパターン、

損切り方法などなど、、、

検索すれば0.5秒で表示される。

本だって数千円で買えます。

しかし、

いくら独学で勉強してもなかなか結果はでません。

数年かかる場合も。

 

トレードの勉強を続けていく上で、

私が避けた方がいいと思う

勉強パターンがあります。

 

その1つが

「長期間にわたって、勉強を
一人でやり続けること」

です。

 「たった一人で勉強すること」は、


脳科学的に一番効率の悪い勉強方法だからです。


つまり同じようにトレーダーを目指している人と

一切会うこともなく、

そういう人が視界に入る

サイトやトレード塾にも一切足を運ばず、

職場や友達、自分の周りでトレードの勉強している人は自分だけ、

というような状態。

 

このあたりの環境は個人差があるところで、

人によっては

「友人同士で常にトレードの切磋琢磨をしている」

という場合や、逆に

「私の環境では、一人でしか無理」

という場合もあると思います。

 

ただ、トレーダーとなるべき理想の環境を考えたときに、

脳科学的な見地から考えても、

周りに勉強をしている人がいる方が
生産性が高まるといえるのです。

 

脳には

ミラーニューロン

というシステムがあるのですが、

これはその名の通り、

誰かの姿を見ていると、まるで“鏡”のように、

 

【 自分もその視界に入った他人の動作と、
同じような動作になってしまう 】

 

という現象です。

 

たとえば、

運動をいている人を見続けていると、

その動作をミラーニューロンのシステムで

脳が認知する結果、

 

【 見ているだけで、運動能力が高まる 】

 

ことが判明しています。

 

これは、脳科学者久保田競先生によると、

「イメージトレーニングの有効性が証明された」

ことにもなるようです。

 

この作用は、個人的に非常に思い当たる経験が
何度もあるのですが、

たとえば

自分の尊敬する人の姿を見続けていると、

その人と同じような動作を日常生活で

頻発してしまうことがあります。

 

とくにしゃべり方とか、言い回しとか、

表情とか、身振り手振りとか。

学生なら尊敬する部活の先輩と動作が
似てきたりとか、

会社員の方なら自分の上司と
話し方が似てくるなんて経験をしたことが
ある人も少なくないはず。

 

私も昔、自分でもビックリするくらいに、
明らかに自覚できるレベルで、

日常的に接していた
会社で尊敬する上司と、

自分の話し方や動作を
完コピしてしまっていたことがあります。

 

ちなみに、この脳のメカニズムをうまく利用したのが、

スズキ・メソッド

と呼ばれるバイオリンの教育法です。

 

このスズキ・メソッドは、

「生徒(子供)がやる気をみせ始めるまで、
バイオリンを弾いている姿をとにかく見せまくる」

という手法。

 

「バイオリンの練習をしましょう」

とか

「バイオリンを学ぶとね、こんなメリットが~」

とかいった理屈は一切言わずに、

 

【 ただバイオリンを弾いている姿を
ずっと見せつづける 】

 

だけ。

すると、生徒はそのうち自分も

バイオリンをやりたくなるわけです。

 

私はミスチルが好きなのですが、

ミスチルのファンの中にはミスチルの桜井を
マネしている人がたくさんいます。

⇒ https://youtu.be/ZAT4Cmiqc3w

どうやらある人物に心酔すると、

とくに対象が異性の場合は、
強くそうなりやすいようです。

これも脳のミラーニューロン
影響だと思われます。

 

さらに、

過去の歴史を見たときに

「天才は一箇所に集まっている」

「偉人同士が深い付き合いをしている」

という傾向が少なからずあるのです。

 

これも一つの場所で長期間にわたり
一緒にすごすことで、

ミラーニューロンのシステムにより、

周りの優秀な人たちの姿・動作に

脳が感化されていった可能性が高いと
私は考えています。

ダルビッシュと大谷の共通点
⇒ https://youtu.be/xqioPKmsj5Q
 

この脳のメカニズムを考えたときに、

トレーダーがずっと長期間にわたって
一人で勉強し続けるのは、

脳が持つせっかくの素晴らしい作用を
活かしきれていない可能性が高いです。

 

逆に活かせている例は、学校や塾ですね。

学校や塾や予備校の素晴らしい点の一つは、

一緒に勉強する仲間が周りにいることです。

 

さらに言うと、

脳のミラーニューロンの性質を考えれば、

必ずしも直接的にコミュニケーションを
とる必要はなく、

【 相手の姿が視界に入ればいい 】

わけです。

よって

「チャットルームや発言など、同じトレーダーが
たくさん勉強している場所」

もしくは

「常に、相対してくれるコーチがいる場所」

に行けば、ミラーニューロンの作用によって、

自分も同じようにやる気が
ムクムクとわいてくると言えるのです。

これは、おそらく多くのトレーダーの学生時代の
実感と一致しているはずです。

 

ついでに言うと、私自身は

オンラインを通したバーチャル的な
関係性であっても、

ミラーニューロンの作用で
トレーダー同士が影響を受け合って、

半自動的にやる気が出てくると思っています。

 

コーチングのメンバーの報告や
頂いた感想などを総合すると、

「メリハリが出て、モチベーションが劇的に変わった!」

そういう結論になります。

まあ、先の久保田教授も

「イメージトレーニングの有効性が証明された」

とおっしゃっていますので、

バーチャルな関係性でも、

脳内でその姿がイメージできれば
効果があるということでしょう。

 

オンラインを通して

「ネットの向こう側で、
この人も毎日勉強を頑張っているんだ!」

と想像するだけでも、

少なからずミラーニューロン効果を得て、

やる気を高められるということですね。

 

というわけで、

図書館などのリアル空間でも、

サムライトレーダースクールのようなオンライン空間でも、

どちらでもいいので、

————————————–

【 トレードの勉強を頑張っている人が
できるだけ視界に入る環境、刺激を受けやすい環境)】

————————————–

に身をおくことが、

高いモチベーションを維持するコツになります。

 私も一人でトレーダーになれたわけではありませんし、

独学でトレーダーになった!という人を一人も知りません。


孤独に耐えて頑張ることは大事ですが、

「長期間にわたって完全に一人で勉強する」

のはできるだけ避けた方がいいですね。


それではまた。

 


【震撼】独学をしてはいけない。大切だけど、だれも教えてくれない独学を辞めるための9の環境とは

詳しくはこちら
https://goo.gl/fJmDTT

 

 

  Analyzser+アナライザーメール SAMURAI TRADER コーチング サムライトレーダーコーチングスタートアップ LINE お友達追加
●…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…○
■発行 トレードアイデア365 by チーム365
http://tradeidea365.com/
○…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…●
★免責事項★
このレポートの情報・分析・予測でいかなる損害が生じたとしても、その責を負いません。内容の無断転載・コピーを禁止します。このレポートの記載事項はその内容を保証するものではありません。また為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません。